絞れば、出てくる、アイディア。

商品購入に繋がるWEBコンテンツの作り方【WEBマーケティング】

商品購入に繋がるWEBコンテンツの作り方【コンテンツマーケティング】

WEBマーケティングは、ウェブサイトやソーシャルメディア(SNS)、Googleなどの検索エンジンなどを活用して、ターゲットとなる人々に情報を提供し、商品やサービスを魅力的に伝えて商品を購入してもらう気持ちを高めることを目指します。

今回の記事では、WEBマーケティングの中でも、商品をPRする記事コンテンツを執筆してその商品の売り上げを上げることを目的とした場合の方法について紹介します。

 

  1. 目標を設定する
  2. キーワードを考える
  3. WEBコンテンツの作成
  4. 結果を見直して改善する

1. 目標を設定する

まず初めに、WEBマーケティングの目標を設定します。

目標設定はマーケティング活動には絶対に必要なとても重要な事です。
可能な限り、1ヶ月でページビュー〇〇PV達成や、3ヶ月で売上〇〇UPなど、具体的な数字で設定します。
(誰が見ても、目標を達成しているかしていないかが分かるような目標にします)

SMART GOAL(スマート・ゴール)
マーケティングの目標設定をする時に考慮するとより具体的な目標設定ができます。

SMARTゴールの具体的な例

  • 具体的 (Specific):
    • 非具体的: ウェブサイトを改善する。
    • 具体的: ウェブサイトを週に1度見直す時間を作り、モバイルユーザー向けに使いやすさを向上させる。
  • 計測可能 (Measurable):
    • 計測不可能: ウェブサイトの品質を向上させる。
    • 計測可能: ウェブサイトの品質を向上させ、訪問者数を1ヶ月で20%向上させる。
  • 達成可能 (Achievable):
    • 達成不可能: ウェブサイトの全体のデザインを1週間で完全に変更する。
    • 達成可能: ウェブサイトのデザインを改善し、3か月以内に段階的にリリースする。
  • 関連性 (Relevant):
    • 無関係: ウェブサイトの訪問者数を増やして、新しいオフィス家具を購入する。
    • 関連性あり: ウェブサイトのトラフィックを増やし、オンライン販売のコンバージョン率を向上させる。
  • 時間指定 (Time-bound):
    • 未指定: ウェブサイトのブログを定期的に更新する。
    • 指定あり: 毎週1回、ウェブサイトのブログを更新し、次の3か月で新しいコンテンツを追加する。

↑この「SMART」ゴールを意識して、実際にマーケティングの計画を立てていきます!

2. キーワード調査・競合分析

情報収集の第一ステップとして、キーワードを考えます。例えば、ブログを始めたい人に対してレンタルサーバーの紹介記事を書き、レンタルサーバーの契約を目的に記事コンテンツを書くとします。その場合、「ブログ サーバー」や「レンタルサーバー ブログ」などのキーワードが思いつきます。 思いついたキーワードは、ラッコキーワードやGoogle広告の機能の一つである「キーワードプランナー」で関連語句や検索ボリュームを調べます。

情報収集の第一ステップとして、キーワードを考えます。

例えば、ブログを始めたい人に対してレンタルサーバーの紹介記事を書き、レンタルサーバーの契約を目的に記事コンテンツを書くとします。

その場合、「ブログ サーバー」や「レンタルサーバー ブログ」などのキーワードが思いつきます。

思いついたキーワードは、ラッコキーワードやGoogle広告の機能の一つである「キーワードプランナー」で関連語句や検索ボリュームを調べます。

キーワードをいくつかピックアップしたら、実際にGoogleで検索します。 検索結果順位1位の記事の「更新日」「記事の内容」「記事のわかりやすさ」を実際にその記事を見て確認します。

キーワードをいくつかピックアップしたら、実際にGoogleで検索します。

検索結果順位1位の記事の「更新日」「記事の内容」「記事のわかりやすさ」を実際にその記事を見て確認します。

記事の更新日が1年以上前のものや、記事の内容があまりわかり辛いと感じた場合は、記事のクオリティ次第で検索結果上位を狙うことができる可能性がある検索ワードです。

3. WEBコンテンツの作成

WEBコンテンツは、マーケティングにおいて様々なメリットがあります。

WEBコンテンツは、マーケティングにおいて様々なメリットがあります。

コンテンツは、通常Google検索他サイトからのリンクによって閲覧されるため、まだ自社のサービスを知らない「潜在顧客」にアプローチすることが可能です。

また、GoogleAnalyticsやGoogle Search Consoleを使えば、コンテンツがどのような経路で見られるまでに至ったのかを確認することができます。
これは、顧客やユーザーのニーズの調査にとても役立ちます。

さらに、コンテンツはWEB広告などと異なり低コストで始められる上、作成したコンテンツは会社のブランディングや認知度向上に必ず貢献する大きな資産となります。

WEBコンテンツには、CTA(Call to Action=行動喚起)が非常に重要です。

WEBコンテンツには、CTA(Call to Action=行動喚起)が非常に重要です。

CTAとは、商品の購入資料請求、問い合わせなど、ユーザーにコンテンツの最終目的へ達してもらうためのものです。

オンラインストアのリンクをつけた「商品の購入はこちら」ボタンや、資料請求の申込フォームへのリンクなどがCTAにあたります。

↓これはレンタルサーバーの契約CTA(Call to Action)の記事の構成案です。

(例)「ブログにおすすめのレンタルサーバーの選び方」の記事構成案

  1. はじめに
    • レンタルサーバーの重要性
    • ブログ運営における役割
  2. サーバー選びにおける重要なポイント
    • サーバーのスペックやパフォーマンスの比較
    • サポート体制やバックアップについて
    • セキュリティ対策について
  3. 紹介するレンタルサーバーがおすすめの理由
    • プランと料金の比較
    • サーバーの性能と安全性

レンタルサーバーの申し込みボタン(リンク)

記事の最後の「レンタルサーバーの申し込みボタン」CTAになります。

初めに「レンタルサーバーは何か」「レンタルサーバーの役割」といった一般的な読者の疑問に答え、その後レンタルサーバーの具体的な説明を経て、レンタルサーバーの申し込みに促す記事構成は、会社名やブランド名をまだ認知していない潜在顧客にアピールすることができます。

4. 結果を見直して改善する

コンテンツを作成したら、必ず結果を確認し分析します。

WEBコンテンツは、状況結果分析して次の施策に活かすことが出来る点が、雑誌やテレビなどのコンテンツと大きく異なるメリットです。

Googleが無料で提供している「Google Analytics」や「Google Search Console」は、コンテンツのページビュー数やユーザーの流入経路、CTAをクリックされた回数など、コンテンツに関するあらゆるデータを分析することができます。

↑Googleが無料で提供している「Google Analytics」「Google Search Console」は、コンテンツのページビュー数やユーザーの流入経路CTAクリックされた回数など、コンテンツに関するあらゆるデータを分析することができます。

Googleアナリティクスをワードプレスに設定する方法はこちら↓の記事をぜひご覧ください!

↑上記は、コンテンツの分析データに基づいた改善案の例です。

データを分析し、改善点を見つけます。
2週間や1ヶ月単位でデータを収集し、それぞれの課題に対して改善方法を検討していきます。

まとめ🍋

今回は、「商品購入に繋がるWEBコンテンツの作り方」として、コンテンツの目標設定やキーワードの選定方法、CTA(Call to Action)の重要性を含めた記事の構成方法、分析と改善についてを紹介しました。

コンテンツはWEBマーケティングの中でも非常に大きな役割を果たします。
WEB広告のランディングページ制作や商品紹介のブログ記事作成時に、ぜひ少しでも参考になれば幸いです!

 

WEBマーケターのリアルな1日の業務を紹介!