絞れば、出てくる、アイディア。

【Gmail】Gmailの署名をカスタマイズする方法

【めっちゃ簡単!】Gmailの署名をカスタマイズする方法

突然ですが、メールの署名って、いちいち毎回するの面倒じゃないですか??

実は、Gmailにも、メールの署名テンプレート化する機能があります。
そしてさらに、そのテンプレートを画像やフォントを変更してカスタマイズする事ができます。

今回は、簡単Gmailでメールの署名テンプレートを作るカスタマイズする方法を紹介します!

1. 署名テンプレートを作る

まず、Gmailにログインします。 画面右上の「歯車マーク」を押すと、「クイック設定」が表示されます。 クイック設定の「すべての設定を表示」をクリックします。

↑まず、Gmailにログインします。
画面右上の「歯車マーク」を押すと、右側に「クイック設定」が表示されます。
クイック設定の「すべての設定を表示」をクリックします。

設定の画面の上部「全般」をクリックします。 下の方へスクロールして、「署名」の箇所から、「新規作成」をクリックします。

↑設定の画面の上部「全般」をクリックします。
下の方へスクロールして、「署名」の箇所から、「新規作成」をクリックします。

新しい署名に名前を付けて、作成をクリックします。

↑新しい署名に名前を付けて作成をクリックします。

署名が作成できたら、下の「デフォルトの署名」を設定します。 メールアドレスを複数設定している場合は、署名を入れたいメールアドレスを選択します。 新規メール用、返信/転送用に署名を設定します。

↑署名が作成できたら、下の「デフォルトの署名」を設定します。
メールアドレスを複数設定している場合は、署名を入れたいメールアドレスを選択します。
新規メール用返信/転送用に署名を設定します。

2. テンプレートをカスタマイズする

↑テンプレートは、「フォント」「文字サイズ」「背景色・テキストの色」の変更、そして「ロゴなどの画像」を追加することができます。

 

↑このように、ロゴの画像や、GIFを追加する事もできます!
GIFは、フリー素材サイト「giphy」(https://giphy.com/)からダウンロードし、画像を追加からアップロードしました。

↑テンプレートをカスタマイズしたら、最後に、「変更を保存」をクリックします。
画面の下の方にあるとても小さいボタンですが、これを押さないと変更が反映されないので注意してください😱

↑最後に、実際に新規メールを作成し、署名が表示されているかを確認します。
正しく表示されていれば、Gmailの署名のテンプレートは完成です!!

《まとめ》

今回の記事では、Gmailの署名をテンプレート化&カスタマイズする方法を紹介しました。
簡単にカスタマイズできるので、ぜひ、画像やGIFを組み合わせて、オリジナルの署名を作ってみてください😆

レンタルサーバーのメールをGmailで送受信する方法は、こちら↓の記事で紹介しています!