絞れば、出てくる、アイディア。

ワードプレスで特定のリンクのクリックを計測する方法【Google Analytics】

ワードプレスで特定のリンクのクリックを計測する方法【Google Tag Manager/Analytics】

Google Analytics(グーグルアナリティクス)とGoogle Tag Manager(グーグルタグマネージャー)を使えば、ワードプレスのブログやWEBサイトで、特定のボタンやリンクのクリック数を計測する事ができます。
他の記事やアフィリエイトリンクへの動線の改善やUI・UXの改善に役立てられます。

今回の記事では、Google AnalyticsとTag Managerを使って、特定のリンク(ボタン)クリックをを計測するための方法について紹介します!

1. Tag Manager(タグマネージャー)の準備

タグマネージャーのページにアクセスし、画面右上の「無料で利用する」をクリックします。

こちらからタグマネージャーのページにアクセスし、画面右上の「無料で利用する」をクリックします。

「新しいアカウントの追加」という画面が表示されたら、アカウント名(ブログ名やWEBサイト名など)、コンテナ名(ブログ名、WEBサイト名、ドメインなど)を入力します。

「ターゲット プラットフォーム」「ウェブ」を選択します。

全て入力、選択したら「作成」をクリックします。
この後の「Google タグマネージャー利用規約」でも画面右上の「はい」をクリックします。

タグマネージャーをワードプレスにインストールするためのコードが表示されるので、この2つのコードをワードプレスの「header.php」へそれぞれ貼り付けていきます。

タグマネージャーワードプレスインストールするためのコードが表示されるので、この2つのコードをワードプレスの「header.php」へそれぞれ貼り付けていきます。

①は<head>のすぐ後に、②は<body>のすぐ後にそれぞれ貼り付けます。

※テーマファイルを編集する際は、必ずバックアップを取っておきましょう!

ワードプレスのメニューから、「外観」をクリックし「テーマファイルエディター」をクリックします。その後、画面右側から「テーマヘッダー(header.php)」をクリックします。

↑ワードプレスのメニューから、「外観」をクリックし「テーマファイルエディター」をクリックします。その後、画面右側から「テーマヘッダー(header.php)」をクリックします。

※今回は「Hello Elementor」テーマを使用した場合の例になります。テーマによっては場所が異なる場合もあります。

まず初めに、Tag Managerの最初のコードをのすぐ下に貼り付けます。

↑まず初めに、①のコード<head>のすぐ後に貼り付けます。

↑次に、②のコード<body>のすぐ後に貼り付けます。
二つのコードが貼り付けできたら、「ファイルを更新」をクリックします。

ここまでで、ワードプレスへのタグマネージャーの設定は完了です!

 

2. タグとトリガーの作成

ワードプレスへのタグマネージャーの設定が完了したら、次は「タグ」と「トリガー」を作成していきます。

「タグ」は、リンククリックやボタンクリックなど特定のアクションやイベントを判別するために使用します。 「トリガー」は、タグと組み合わせて使用し、特定の条件(例えば「特定のページの中の特定のボタン」など)が満たされた場合にタグを実行するためのものになります。

「タグ」は、リンククリックボタンクリックなど特定のアクションやイベントを判別するために使用します。

「トリガー」は、タグと組み合わせて使用し、特定の条件(例えば「特定のページの中の特定のボタン」など)が満たされた場合にタグを実行するためのものになります。

◇変数の設定

タグとトリガーを設定する前に、「変数」と呼ばれるものを先に設定しておきます。

タグマネージャーの画面で、左側のメニューから「変数」をクリックします。 その後、画面右上に表示される「設定」をクリックします。

↑タグマネージャーの画面で、左側のメニューから「変数」をクリックします。
その後、画面右上に表示される「設定」をクリックします。

「組み込み変数の設定」で「Click URL」にチェックが入っていることを確認します。

「組み込み変数の設定」「Click URL」にチェックが入っていることを確認します。

◇タグの設定

画面左の「タグ」をクリックし、右上の「新規」をクリックします。

↑画面左の「タグ」をクリックし、右上の「新規」をクリックします。

タグの名前を分かりやすい名前に変更し、画面中央上の「タグの設定」をクリックします。

↑タグの名前を分かりやすい名前に変更し、画面中央上の「タグの設定」をクリックします。

「タグタイプを選択」で「Google アナリティクス」をクリックし、その後「Google アナリティクス: GA4 イベント」をクリックします。

「タグタイプを選択」「Google アナリティクス」をクリックし、その後「Google アナリティクス: GA4 イベント」をクリックします。

タグの設定で、Google アナリティクスの「測定ID」を入力します。 (※測定IDは、Google アナリティクスの「設定」→「データストリーム」で確認できます。)

↑タグの設定で、Google アナリティクスの「測定ID」を入力します。
(※測定IDは、Google アナリティクスの「設定」→「データストリーム」で確認できます。)

「このコンテナにGoogle タグはありません」と表示されたら「タグを作成」をクリックし、名前を「Googleタグ」などに変更して保存します。

「イベント名」に分かりやすい名前をつけて、画面右上の「保存」をクリックします。

「イベント名」に分かりやすい名前をつけて、画面右上の「保存」をクリックします。

◇トリガーの設定

「トリガーが選択されていません」と表示されたら、「トリガーを追加」をクリックします。 (一度タグを保存して、後からトリガーを追加することもできます)

「トリガーが選択されていません」と表示されたら、「トリガーを追加」をクリックします。
(一度タグを保存して、後からトリガーを追加することもできます)

「トリガーの選択」画面で、画面右上の「+」をクリックします。

↑「トリガーの選択」画面で、画面右上の「+」をクリックします。

トリガーの名前を分かりやすい名前に変更し、トリガーのタイプを選択します。 トリガーのタイプは、クリックの「リンクのみ」を選択します。

↑トリガーの名前を分かりやすい名前に変更し、トリガーのタイプを選択します。
トリガーのタイプは、クリックの「リンクのみ」を選択します。

「タグの配信を待つ」にチェックを入れます。 また、画面下側の「これらすべての条件がtrueの場合にこのトリガーを有効化」は、 「Page URL」「等しい」「トップページのURL」の順に設定します。 さらに、「このトリガーの発生場所」を「一部のリンククリック」に設定し 「Click URL」「等しい」「ボタンのURL」に設定します。

「タグの配信を待つ」にチェックを入れます。

また、画面下側の「これらすべての条件がtrueの場合にこのトリガーを有効化」は、
「Page URL」「等しい」「トップページのURL」の順に設定します。

さらに、「このトリガーの発生場所」を「一部のリンククリック」に設定し
「Click URL」「等しい」「ボタンのURL」に設定します。

全て設定したら、画面右上の「保存」をクリックします。

最後に、タグとトリガーの設定が正しくできていることを確認して、画面右上の「公開」をクリックします。

↑最後に、タグとトリガーの設定が正しくできていることを確認して、画面右上の「公開」をクリックします。

↓WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法はこちら↓

まとめ🍊

今回は、ワードプレスのサイトで特定のリンクをクリックしたときに、そのクリック数を計測するための設定方法について、Google タグマネージャーの設定方法を詳しくご紹介しました。

今回設定したクリック数のGoogle アナリティクスでの確認方法は、別記事で詳しくご紹介します!