絞れば、出てくる、アイディア。

おじいちゃんでもわかるウェブマーケティング

おじいちゃんでもわかるウェブマーケティング

近年急速に耳にする事が多くなった「ウェブマーケティング」という言葉ですが、実際にウェブマーケティングとは何なのでしょうか??

簡単に一言で言うと、「ウェブマーケティング」とは

インターネットを使って商売を広め、売上を上げる方法です。

今回は、「おじいちゃんでもわかるウェブマーケティング」と題して、初心者の方や人生の大先輩であるご高齢の方にもわかりやすく、「ウェブマーケティング」についてご紹介したいと思います。

ウェブマーケティングについて興味のある方、すでに会社を経営されていたり、事業を行われている方でウェブマーケティングを取り入れてみたいと考えておられる方の参考となれば幸いです!
ぜひ最後まで見ていってください!

1. ウェブサイトの役割

ウェブサイトは、ビジネスや商売の「インターネット上の顔」です。
ウェブマーケティングを知るには、まずはウェブサイトの役割を知っておくことがとても重要です。

お店や会社のホームページがお店の店構えとなるため、お客様が初めてビジネスや商売、事業を知るとき、ウェブサイトがその第一印象を決めることになります。

ウェブサイトは、ビジネスや商売の「インターネット上の顔」です。

↑weblemon(当サイト)も今この記事を読んでくださっている皆様に情報をお伝えしているという「役割」を果たしています。

≪ウェブサイトの役割≫

①ウェブサイトは名刺代わりとなる

ウェブサイトは、商売の名刺のようなものです。お客様が商品やサービスを見つけたとき、ウェブサイトが最初の印象を与えます。
新しい商品やサービスを知った時、また何か困り事がある時、多くの人がインターネットを使って情報を検索します。

その時に表示される「ウェブサイト」は、商売の「名刺代わり、顔」となるのでとても重要です。

②顧客との接点となる

ウェブサイトは、いつでもお客様が情報を見たり、サービスを利用したりできる場所です。これにより、営業時間に関係なくビジネスの情報を顧客に伝えることができます。
お問い合わせ先を記載したり、お問合わせフォーム(問い合わせたい内容を書き込めるもの)を設置したりすれば、顧客との接点となり、より商売を大きくしていくきっかけとなります。

ここで紹介した「ウェブサイト」を使ってマーケティング(=売上を上げるための活動)をしていくことが「ウェブマーケティング」大きな根幹となります!

2. 記事を書いて集客(コンテンツマーケティング)

次に、先ほど紹介した「ウェブサイト」に記事を書くことで集客し、商品を販売したり資料請求を促したりすることで売上の向上に繋げる方法=コンテンツマーケティングについて紹介します。

コンテンツマーケティングは、数あるウェブマーケティングの手法の中でも、「王道」と言って良いマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングは、ウェブサイトに「お役たち記事」や「ハウツー記事(〇〇する方法、〇〇を解決する方法など)」を作り、困り事をインターネットで検索している人に対して記事を読んでもらうところから始めます。

記事の最後に自社の商品やサービスの情報を掲載したり、記事のページ内に商品紹介のページ(別のウェブページ)に飛べるようなボタンを設置することで、商品やサービスを知ってもらうことができます。

記事コンテンツの作り方についてはこちらの記事で紹介しています!↓

3. 記事がGoogleに載るように工夫する(SEO対策)

SEO対策(エスイーオー対策)とは、ウェブサイトがGoogle(グーグル)やYahoo!(ヤフー)などの検索結果上位に表示されるようにするための工夫です。Google(グーグル)などの検索エンジンは、ウェブページを読み取り、その内容をインデックスに追加し、検索結果をランク付けします。

せっかくウェブサイトを作り、記事を書いたのに、誰にも読まれなければ意味がなくなってしまいます。 そこで重要になるのが「SEO対策」です。SEOとは(Search=サーチ:検索、Engine=エンジン、Optimization=オプティマイゼーション:最適化)の頭文字で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

せっかくウェブサイトを作り、記事を書いたのに、誰にも読まれなければ意味がなくなってしまいます。
そこで重要になるのが「SEO対策」です。SEOとは(Search=サーチ:検索、Engine=エンジン、Optimization=オプティマイゼーション:最適化)の頭文字で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。
簡単に言うと、ウェブサイトに書いた記事をより多くの人に読んでもらうために、Googleなどの検索エンジンに見つけてもらいやすくするための施策の事を言います。

 SEO対策の一例として、記事の中にある画像にタイトルをつけたり、検索結果一覧に表示される記事のタイトルや説明文を設定することなどが挙げられます。

SEO対策も立派な「ウェブマーケティング」の一部ということができます。

 

ワードプレスのSEO対策についてはこちらの記事で紹介しています!↓

まとめ😆

ウェブマーケティングの具体的な方法の一つとして、「ウェブサイト」に、「記事を執筆し掲載」して、「その記事を通して商品が売れたり、サービスに申込があったり」することで売り上げを上げるこの一連の流れがあります。

今回の記事では、「ウェブマーケティング」について、記事を書いて集客し売上を上げることを目指す「コンテンツマーケティング」を中心に紹介しました。
横文字やカタカナが多く、分かりづらい単語も多く登場しますが、実はそれほど複雑なものでもありません。
冒頭にも書いた通り、「インターネットを使って商売を広め、売上を上げる方法」がウェブマーケティングの意味合いになります。※諸説ありますが、大体この意味です。

少しでも「ウェブマーケティング」について皆様の理解が深まれば嬉しいです。

コンテンツマーケティングの成功事例についてはこちらの記事で紹介しています!↓

2024-07-20
Saturday

POPULAR POST

LATEST POST