絞れば、出てくる、アイディア。

XMLサイトマップとは何??【SEOへのメリットと設定方法】

XMLサイトマップとは何??【SEOへのメリットと設定方法】

ウェブサイトやブログを運営していれば、検索エンジンからのアクセスを増やすために様々なSEO対策を行いたいところです。

その中でも重要なのが「Xmlサイトマップ」です。今回は、Xmlサイトマップとは何か、そしてSEOへのメリットを紹介します。

また、設定に関してもワードプレスの人気SEO対策プラグイン「Yoast SEO」を使えば、簡単にXMLサイトマップを設定する事ができます。今回の記事では、Google Search Consoleへの設定方法まで詳しく紹介します!

1. XMLサイトマップとは??

XMLサイトマップとは、ウェブサイト内のページ構造を示すXML形式のファイルのことです。

このファイルには、ウェブサイト内のすべての重要なページのURLとそのデータが含まれています。
検索エンジンのクローラーはこのサイトマップを読み込み、サイト内のページを効率的に発見し、インデックスに追加することができます。

XMLサイトマップとは、ウェブサイト内のページ構造を示すXML形式のファイルのことです。

「XML形式」とは、拡張可能マークアップ言語(Extensible Markup Language)の略称です。

XMLはウェブサイトの情報を構造化して表現するための言語で、検索エンジンにウェブページの情報を理解しやすく伝えるために利用されます。

XMLサイトマップのSEOへのメリット

①検索エンジンのクロール効率化

検索エンジンが重要なページをすばやく見つけやすくなります。
サイト全体効果的にクロールされ、インデックスに追加されやすくなります。

②ページのランク向上

XMLサイトマップを使用することで、検索エンジンがサイト内のページの関連性をより正確に把握することができます。

サイトマップに含まれる情報ページ優先度更新頻度を示すため、検索エンジンはこれらの情報を元にランキングを決定します。サイト内のコンテンツの関連性や価値を強調し、ページのランクを向上させるのに役立ちます。

XMLサイトマップを追加することによって、コンテンツブログ記事をより効率的にGoogleにインデックスさせることができるので、検索流入数やページビュー数の向上に役立ちます。

では、実際にXMLサイトマップを設定する方法を紹介します!

2. Yoast SEOを使用したXMLサイトマップの設定方法

XMLサイトマップは、無料でSEO対策ができるプラグイン「Yoast SEO」で簡単に設定する事ができます。

XMLサイトマップは、無料でSEO対策ができるプラグイン「Yoast SEO」で簡単に設定できます。

今回は、YoastSEOインストールされている前提でXMLサイトマップの設定を進めていくので、まだYoast SEOをインストールしていない方はぜひ上記の記事を参考にインストールしてから初めてみてください。

まず初めに、ワードプレスのダッシュボードから「Yoast SEO」をクリックし、その下の「設定」をクリックします。

↑まず初めに、ワードプレスのダッシュボードから「Yoast SEO」をクリックし、その下の「設定」をクリックします。

「設定」をクリックするとサイトの機能一覧が表示されるので、画面の中央〜下の方にある「API」の箇所までスクロールします。 中央に「XMLサイトマップ」が表示されているので、下の「機能を有効にする」がONになっているかを確認し、「XMLサイトマップを表示」をクリックします。

「設定」をクリックするとサイトの機能一覧が表示されるので、画面の中央〜下の方にある「API」の箇所までスクロールします。

中央に「XMLサイトマップ」が表示されているので、下の「機能を有効にする」ONになっているかを確認し、「XMLサイトマップを表示」をクリックします。

「XMLサイトマップを表示」をクリックするとこのような画像が表示されます。 ドメインの後に「/post-sitemap.xml」や「/page-sitemap.xml」などが付いたURLのようなものがサイトマップの名前になります。

「XMLサイトマップを表示」をクリックするとこのような画像が表示されます。
ドメインの後「post-sitemap.xml」「page-sitemap.xml」などが付いたURLのようなものがサイトマップの名前になります。

Google Search Consoleに設定するときに必要になるので、メモやスクリーンショットなどで後から確認できるようにしておきます。

3. Google Search Consoleへの設定と連携

YoastSEOXMLサイトマップを確認する事ができたら、後はGoogle Search Console(グーグル・サーチコンソール)へ設定・連携を行なっていきます。

※あらかじめGoogle Serach Consoleをサイトやブログに接続しておくことが必要です。

Google Search Consoleの画面左側のメニューから「サイトマップ」をクリックします。

Google Search Consoleの画面左側のメニューから「サイトマップ」をクリックします。

画面中央の「新しいサイトマップの追加」に、先ほどYoastSEOの「XMLサイトマップ」で確認した.xmlで終わる部分を入力し、「送信」をクリックします。

送信が正しく完了すると、「送信されたサイトマップ」にサイトマップの名前が表示されます。
送信した名前を確認し、ステータスが「成功しました」となっていればサイトマップの送信が完了しました。

最後に、YoastSEOGoogle Search Console連携させて自動的に最新のサイトマップが読み込まれるように設定していきます。

Google Search Consoleのメニューから「設定」をクリックし、「所有権の確認」をクリックします。

↑Google Search Consoleのメニューから「設定」をクリックし、「所有権の確認」をクリックします。
※「あなたは確認済みの所有者です」と表示されていない場合は、まず先にサイトの所有者の確認を行なってください。

「その他の確認方法」の中の「HTML タグ」をクリックします。

↑「その他の確認方法」の中の「HTML タグ」をクリックします。

HTMLタグの「contents=」の後の"〜"の間の文字列をコピーします。

HTMLタグの「contents=」の後の“〜”の間の文字列コピーします。
(上の画像の場合は「F」から「4」まで)

ワードプレスに戻り、YoastSEOの「設定」から「サイトの接続」をクリックします。 画面中央にある「Google」の欄に先ほどコピーした文字列を貼り付け、「変更を保存」をクリックします。

↑ワードプレスに戻り、YoastSEO「設定」から「サイトの接続」をクリックします。
画面中央にある「Google」の欄に先ほどコピーした文字列を貼り付け「変更を保存」をクリックします。

これでGoogle Search Consoleとワードプレスが連携でき、新しい記事やページが公開されると自動的に更新されたサイトマップがSearch Consoleに送信されます。

まとめ😺

今回の記事では、XMLサイトマップとは何か、そしてSEOへのメリットと実際の設定方法を紹介しました。
Googleの検索エンジン(クローラー)に効果的にサイトの構造や更新状況を理解してもらうことで、より上位にインデックスされやすくなるなど様々なメリットが得られます。

まだXMLサイトマップをサーチコンソールに設定していない方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!