絞れば、出てくる、アイディア。

インハウスWEBマーケティングとは?? 特徴とメリットを紹介

インハウスWEBマーケティングとは??
特徴とメリットを紹介

インハウスWEBマーケティングとは、企業内部で行うWEBマーケティング活動の事です。

従来、多くの企業は外部の広告代理店やマーケティング会社にマーケティングを委託してきましたが、近年では自社のリソースとノウハウを活用し、インハウスでのマーケティング活動を行うケースが増えています。
今回の記事ではインハウスWEBマーケティング特徴メリットデメリット、そしてインハウスWEBマーケターになるための方法を紹介します!

1. インハウスWEBマーケティングの特徴とメリット

インハウスWEBマーケティングとは、その名の通り「イン(=中)ハウス(=企業)」で企業の中でWEBマーケティングの様々な施策を行う事を言い、「内製化」と呼ばれることもあります。

WEBマーケティングでは、広告代理店WEBマーケティングの専門エージェントなど、外部の企業にマーケティングの企画や運営を業務委託する場合がありますが、インハウスWEBマーケティングは、それらの活動をその企業の社員で行います。

広告代理店・エージェントインハウスのマーケティングの違い

広告代理店・エージェント

WEBマーケティング(広告含む)専業
クライアントのマーケティングを支援
様々な業種のマーケティングを行う

インハウス(内製化)

自社のWEBマーケティング担当として業務
自社商品のマーケティングを行う
社内の他部署と連携し業務を行う
自社の目標指針を最大限考慮できる

↑広告代理店やエージェントとインハウス(内製化)のマーケティング業務内容を比較すると、インハウスマーケティング社内のマーケティングを行い、自社商品の売上を向上させるための施策を検討し実施します。

広告代理店エージェントがマーケティングを専業とし、様々な業種のWEBマーケティングを支援する「社外のマーケティング担当」であるのに対して、インハウスWEBマーケティング「社内の視点からWEBマーケティングを行う」という点が大きな特徴です。

インハウスWEBマーケティングのメリット

①タイムリーな対応が可能

・代理店への外部委託に比べて、インハウスマーケティングチームは迅速に市場変化に対応できます。リアルタイムのデータ顧客フィードバックを直接WEBマーケティングに活用することが可能です。

②企業の目標や経営計画を反映しやすい

インハウスWEBマーケターは、自社のマーケティングを担当するので、企業の目標経営計画製品の販売計画などをしっかりと理解した上でマーケティングを行う事ができます。社内の他部署との連携も容易です。

もし代理店にマーケティングを依頼するとなると、まず自社のビジネスの説明や経営方針を理解してもらうなど初めから手間がかかる事があります。

③長期的な視点での効率化とコスト削減

長期的な視点で見ると、インハウスWEBマーケティングは代理店やエージェントへの外部委託に比べてコスト効率が良いことがあります。将来的な費用を抑えるためにも、内部でスキルを育成することが重要です。

インハウスWEBマーケティングには、上記のようなメリットがある一方で、最新のマーケティングスキルやデータ、専門的な分析の能力が足りない事があるなどデメリットもあります。

自社のマーケティングでいまいち成果が出ていないという場合は、一度広告代理店WEBマーケティング専門エージェント相談してみるのも一つの手です。

2. インハウスWEBマーケターの業務内容

インハウスWEBマーケターは、企業内でのマーケティング活動を担う重要なポジションです。
業種や業界によって、インハウスマーケターの業務内容は様々ですが、一般的には下記のような内容の業務をする事が多くなります。

◇マーケティング戦略の立案

まず初めに、WEBマーケティング戦略の策定・立案からスタートします。
企業のビジョンや目標に基づいて、ターゲット市場の分析KPIの設定が行われます。
この戦略をもとに、ウェブサイトの運営改善が行われます。ウェブサイトのコンテンツ企画や制作、更新、さらにはSEO対策やコンバージョン率の改善など自社の売上や業績を向上させる事を前提とした戦略を立案します。

◇SNSマーケティング・コンテンツ作成

SNSマーケティングもインハウスWEBマーケターの業務の一つです。
ソーシャルメディア(Facebook、Instagram、Xなど)を活用したマーケティング戦略を策定し、実行します。コンテンツの作成・投稿、フォロワーとのコミュニケーション、広告運用などがその一環です。
また、コンテンツマーケティングも重要な業務の一つです。ブログ記事ニュースレター動画コンテンツなどの企画・制作を行い、ユーザーの関心やニーズに合ったコンテンツを提供します。

営業チームやクリエイティブチームなど社内の他部署と連携し、スピード感を持って自社製品のPRコンテンツを制作できるのもインハウスマーケティングの大きなメリットです。

◇データ分析と広告運用

データ分析施策改善もインハウスWEBマーケターの大切な業務です。
Googleアナリティクスを活用し、マーケティング活動の効果を定量的に評価します。データから様々な数値を確認し、施策の改善や最適化を行いながら成果を最大化します。

また、広告運用も重要な業務の一つです。Google AdsやSNS広告など、オンライン広告の運用・管理を行います。広告予算の最適化やターゲティングの設定、クリエイティブの作成・テストを行い、効果的な広告を展開します。

3. インハウスWEBマーケターは誰でも目指せる!

筆者も、実はインハウスWEBマーケターとして専門商社に勤務していた経験がありますが、そこでインハウスマーケターになる前は全くの未経験でした。
しかし、実務経験をしていく内に様々な事を学びながら、WEBマーケターとして食っていくことができました。

しかし、やはり少しでもマーケティングWEB広告などの知識があるに越したことはありません。
WEBマーケター最短で目指す方法は、経験豊富プロマーケターに実際のプロの仕事内容を教えてもらう事です。

筆者自身も、もっと勉強して知識をつけてから仕事をしていれば、、と何度も感じたことがあります。
WEBマーケティングは、実際に仕事をしているプロに教わるのが一番良いと断言できます!!

おすすめのWEBマーケター育成オンラインセミナー

ゼロから始めるWebマーケティングの授業

プロのWEBマーケターへの具体的な道筋が明確になるオンラインセミナー
オンラインで気軽に自宅から参加でき、WEBマーケティング実践的なスキルをプロから学ぶことができます。

今なら、通常 ¥5,000プロ講師による3時間のセミナー無料で受講できます。
下記のリンクからぜひ確認してみてください!

イマカラ

「イマカラ」は動画コンテンツや集団講習ではなく、マンツーマンで講師が教えてくれるWEBマーケティングスクールです。
即戦力として働くための実践的なスキルプロから1対1で教わることができます!

広告運用専門代行企業が運営しているからできる高クオリティのカリキュラムで、未経験でも現場で活躍できるWEBマーケターを目指すことができます!

まとめ😆

今回の記事では、今注目のWEBマーケティングの中でも、「インハウス」のWEBマーケティングの特徴とメリット、そしてインハウスWEBマーケターの主な業務内容について紹介しました。

マーケティングを内製化(インハウス化)する事によって、長期的な視点ではスキルやノウハウを社内に蓄積する事ができたり、成功事例を社内で共有できたりなど他にも様々なメリットが得られます。

人材不足と言われている日本のWEBマーケティング業界で、今注目の「インハウスWEBマーケター」を目指す方や、WEBマーケティングについて興味のある方の参考になれば嬉しいです。

WEBマーケターのリアルな1日の業務を紹介!